sweet pepper cafe


しのはらじゅんこです。
by sweet pepper
リンク。
e0152132_11262026.gif
*レシピ・画像・テキスト
すべての著作権は
しのはらじゅんこに
属します。*

プレママ&ママへ。
お気に入りのサイト。
掲載記事。
e0152132_19103215.jpg
*Flickr*お弁当*
こんだてnote
検索
タグ
ブログパーツ

新しい味覚の教室。ー日本フードアナリスト協会協賛ー

e0152132_0431387.jpg




先日、アカデミーヒルズ「アーテリジェントスクール」
に行ってきました。
今回受講したのは≪新しい味覚の教室≫です。
味覚は、人によってそれぞれ違うと思うのですが、
一番のポイントは、塩味は塩味として味わえること...
つまり、基本5味(塩味・甘味・酸味・苦味・うま味)
それぞれ固有の味が識別できることが、一番大切なことのように思います。
今回は企業の食品開発を担当されている方が実施しているレベル...
つまり、この味覚テストで全問正解出来れば、
こと味覚に関しては食品開発者と同等レベルである...
という、本格的なレベルの味覚テストも体験してきました。
味覚テストの前はもちろん緊張しました。
なぜなら、これまでおいしい、これで間違いない!
と、思っていた味が、実は実際とは異なるものである!と、
判断される可能性があったからです。^^;
結果は...≪水≫と≪苦味≫が判断に迷う感じでした。
≪水≫本来の味と≪苦味≫を区別するのに困難なレベル。
これとこれとこれが同じ味...そこまでは分かるのですが、
ではそれが何であるのか?...ずいぶん悩みました。
今後は≪水≫も意識して飲まなければ、と、思いました。
意識して食べたり飲んだりするように心がけると、
味を認識する能力は上がるみたいです。
なぜなら、最終的に味を判断するのは≪脳≫だからです。
≪苦味≫に関しては、カフェインを摂ることが少ないせいなのかな?
などとも考えたりしました。
≪苦味≫は体にとっては有害なものと認識されます。
しかし、口に含んだ時に、危機を感じて吐き出し、
体に取り込まないようにしなければならない味を認識出来ていないのでは、
何の意味もない...と、感じました。
ですが、反対に喜ぶべきこととして、
今までにそのような危険な味を味わう機会が少なかった...
と、言えるのかもしれないということです。
この味覚テストのこれまでの統計を見せていただいたのですが、
やはり≪苦味≫を認識できる割合が他の味覚に対して低かったように思います。
理由は、≪苦味≫を日常的に味わっている方が少ないからなのか?...
残念ながら分からないようです。
とにかく判断しずらい味覚と言えるようです。
今後の私の生き方として、
日常的に≪苦味≫以外の4味+水を意識しながら食すことで、
味覚を鍛え、それ以外の味覚を感じた時には、
これは≪苦味≫だと、
自信を持って判断できるようにしておけば
いいのかもしれないと思いました。
今後もレシピを考えて掲載し、
カフェやレストランの紹介を続けていく身としては、
最低限やっておかなければならない課題を
いただけたような気がしています。



フードアナリスト...
って、興味深いですよ。
色々な職種の方がいらっしゃいますし、
養成講座そのもので学ぶこともとても多いです。
もしも少しでも興味を持たれた方は、
2時間で初級フードアナリストの資格が取れる講座が開催されます。
当日は、日本フードアナリスト協会 理事でもある
青柳崇子講師
が、講義を担当されます。
以前私も、フードアナリスト3級養成講座で講義を拝聴しましたが、
とにかく面白い!
やはり仕事って、センスの有無が鍵なんだな!
と、実感しました。
同じ仕事をするなら
青柳崇子講師のようにキラリとセンスが光る仕事がしたいわたしです。^^
あなたもフードアナリストを目指しませんか?

詳細はこちらです。




アーテリジェントスクールは六本木ヒルズ森タワーの40階です。先日の景色です。^^
ちょっと曇っていましたが...。眺めは最高です。写真はクリックすると大きくなります。

e0152132_11113482.jpg



初めて六本木ヒルズへ行って来ましたので、たくさん写真を撮ってきました。^^

つづく...
[PR]
by oyasaidaisuki | 2010-09-26 11:21 | 食の資格。(工事中)
<< レシピブログキッチンイベントi... RAKERU(ラケル)。 >>


記事ランキング
画像一覧
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル