sweet pepper cafe


しのはらじゅんこです。
by sweet pepper
リンク。
e0152132_11262026.gif
*レシピ・画像・テキスト
すべての著作権は
しのはらじゅんこに
属します。*

プレママ&ママへ。
お気に入りのサイト。
掲載記事。
e0152132_19103215.jpg
*Flickr*お弁当*
こんだてnote
検索
タグ
ブログパーツ

ボルドーワイン。

e0152132_9495214.jpg




これまで、ワインについて色々と勉強してみようと思ったことは全くありませんでした。しかし、このところ、今まで以上に≪食≫に対する関心が高まっている...そんな自分を発見してから、≪料理≫のみならず≪お酒≫についても色々と研究することが不可欠だと実感。それは、他人へ誇示するためでなく、単純に自分や家族、友人の幸せのために...という前提ではありますが。

先月、フードアナリスト協会から≪ボルドーワインリスト≫をいただきました。≪ボルドーワイン≫きっときちんと勉強されている方だったら、当然ご存じのワインなんだろうなぁ~!と、リストを眺め、到底入店できるお店はないだろうなぁ~!...などと思っていると、たまにお邪魔するレストランが記載されてありました。しかも、グラスワインだと1杯¥950。まぁ、手が届かない訳でもないな!という感じ。近々、後輩が遊びに来ると言っていたので、その時にでも伺って、≪ボルドーワイン≫を試飲してみよう!と、決めました。そして先日、予約して入店してみましたが...どのようにそのワインを注文すればよいか苦戦しました。はっきり≪このワインが飲みたいんですが≫と、言うべきなのか?それとも≪このワイン置いてありますか?≫と、聞くべきなのか?多分お店の方にしてみると、わたしみたいな客が一番困るのではないでしょうか?理由は、こんなワインが好き!とか、飲みたいワインはこんな感じのワイン!...という具体的な好みがはっきりしていないので、どんなふうにお店の方に伝えればよいのか分からないのです。しかも、お料理との相性は関係なしに単純に≪ボルドーワイン≫が飲んでみたい!純粋にと言えば聞こえはいいけれど、単純に好奇心のみの入店ですから。しかし、このワインは飲んでみたかった...。と、いうことは、そうです。結局フランス産のワインではありましたが、≪ボルドーワイン≫ではないワインをいただきました。それはそれでおいしかったし、意外に??私好みのワインでありました。わたしはワインのソムリエではないのでうまく表現できませんが、一言で言うならば、≪泥臭くないワイン≫でしょうか。^^ でも、やっぱり写真の≪ボルドーワイン≫を、味わってみたかったです。ですが、お店の方のお話だと、写真のワインが≪お勧めのワインか?≫と問われると、≪事実とは異なる≫とのこと。≪お値段の割にはコストパフォーマンスが高いワインである≫...と、言うことらしいです。では、お勧めのワインは...?≪それは、お客様の好みによります。≫との、お答えでした。^^ さすがプロだな!と、私は感じました。

知人にかなりのワイン通!?がおりますので、私自身、これまでに色々なところに連れて行ってもらい、多分1本かなり高額のワインやヴィンテージもののワインなど飲んだことはあります。ですが、それがどこのワインで何年物で、云々...これまで全く気にしたことがありませんでした。とてもおいしく感じたワインもありましたし、今日のはかなり泥臭い...と、思うこともありました。ですが、無関心だったように思います。これからは、もっとワインも気にして感謝していただきたいな!と、思った次第です。
現在、世界中で、ワインが作られています。中でも、気候・土壌・地形に恵まれたフランスのボルドー地方。その地方で作られるワインを≪ボルドーワイン≫と呼ぶようです。≪ボルドーワイン≫の歴史は長く1世紀にはじまります。その歴史には紆余曲折ありましたが、現在ではその生産技術を含め世界一有名なワインといっても過言ではないと思います。

ボルドーとその歴史

ボルドーワインについて分かりやすくまとめてあります。通販も出来るようです。

最近バリューボルドーも流行りなのかな?安くておいしいワインが飲めるなんてうれしいですよね。

CIVBはバリューボルドーの目的について、「ボルドーワインというと高くて、手が届かないというイメージがありますが、手頃な価格のボルドーが、数多くあるということを知らせるため」と説明した。日本でのセレクションは5回目となり、現在日本で販売されているワインの中から、日本の専門家が選んだという点が特徴であるとアピールした。ようです。

≪ボルドーワイン≫を楽しむレストランガイドです。検索してみてください。

ボルドーワイン委員会サイト

e0152132_9505760.jpg


そうそう、肝心のお店の名前ですが...こちらです。 今回来店した記事はまた後ほどアップします。お楽しみに。^^

色々ありがとうございました。また伺います。^^
[PR]
by oyasaidaisuki | 2010-10-10 02:10 | フードアナリスト。
<< Afternoon Tea。-... CANAL CAFE(カナルカ... >>


記事ランキング
画像一覧
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル