sweet pepper cafe


しのはらじゅんこです。
by sweet pepper
リンク。
e0152132_11262026.gif
*レシピ・画像・テキスト
すべての著作権は
しのはらじゅんこに
属します。*

プレママ&ママへ。
お気に入りのサイト。
掲載記事。
e0152132_19103215.jpg
*Flickr*お弁当*
こんだてnote
検索
タグ
ブログパーツ

カテゴリ:おうちご飯。( 76 )

ヒゴムラサキのオードブル。

e0152132_14233539.jpg


ひごむらさきってご存知ですか??

 ●阿蘇・高森町は、おいしい「ヒゴムラサキ」の名産地。
赤紫の皮に、ずんぐりとした胴周りでボリュームたっぷりのナス「ヒゴムラサキ」は、
熊本の伝統野菜「熊本赤ナス」を、平成13年に熊本県農業研究センターが
品種改良して育成した新品種です。「ヒゴムラサキ」は登録された品種名です。
一般的なナスよりも長く太い果実(長さ30cm前後)が特徴で、
果肉が柔らかく、アクが少なく甘味があります。
熊本県一の産地は阿蘇・高森町で、味と形が良く、
品質の高いヒゴムラサキが生産されています。
以上HPより。

出荷期間/7月上旬~10月下旬


少々早めのお知らせですが...
スーパーでも気にしながらお買い物をしてくださいね。^^
生食できるおナスなので、調理が簡単です。

≪材料と分量≫

*ヒゴムラサキを厚さ2センチに型抜きしたもの…9個
*モッツアレラチーズ・生ハム・プチトマト・パセリまたはミックスハーブ…適宜
ピック…9本

≪作り方≫
①ヒゴムラサキを型抜きし、モッツアレラチーズ→塩・こしょう→生ハム→プチトマト
の順に重ねピックで止め、パセリまたはミックスハーブを振り掛ける。
②食べる直前に上からオリーブオイル(エクストラバージン)・塩・こしょうをかける。
*煮詰めたメープルシロップ・煮詰めたバルサミコ酢
塩・こしょう・オリーブオイル・レモン汁などお好みで付けていただいても美味しい。

*ひごむらさきの厚さは1~2cmが見栄えがいい。
おすすめは1.5cm程度。


ランキングに参加しております。
ぽちっ!と、応援よろしくお願いいたします。
e0152132_153852.gif
e0152132_7212729.gif
にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-04-27 19:50 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(1)

サンサス商事株式会社 きねうち 冷麺。

e0152132_2321825.jpg


前回の続きです。

実は最近、冷し中華と冷麺が別物だと知った私は...
さっそく冷麺を入手しました。^^
上の写真はパッケージです。
e0152132_18182177.jpg

冷麺と冷し中華の違いについて。
冷麺は元々、朝鮮半島の麺料理のことを指し、
麺は、そば粉、でんぷん、小麦粉を原料に作られていることから、
冷やし中華とは別物ということが出来ます。
いわゆる韓国冷麺といわれるものが、これにあたるようです。
この麺は、非常に固く、ゴムのようなので、
これを日本人に合うように改良したものが、
岩手県の盛岡冷麺で、これが日本における冷麺の発祥とされています。
韓国冷麺と盛岡冷麺の違いは
麺にそば粉が入っているか、いないかということでも区別出来、
盛岡冷麺には、そば粉は入っていません。
また、冷やし中華の発祥の地は宮城県仙台市といわれ、
日本生まれの麺料理ということが出来ます。
キュウリ、玉子焼き、ハムなどが具材として乗っており、
スープは醤油ベースのレモン味や胡麻ダレといったところが一般的.。
参考HP→★
e0152132_756464.jpg

実は、冷し中華と冷麺が別物だと知って...
本当に驚いた私は、すぐさま実家と妹のところに電話してみました。
妹は熊本で暮らしているんですが...
熊本のラーメン屋さんで、≪冷麺≫を注文すると...
≪冷し中華≫が出てくる...とのこと。
だけど...焼き肉屋さんで≪冷麺≫を注文すると...
何だか汁に浸かった酸っぱくない麺が出てくるので、
焼き肉屋さんの≪冷麺≫は、こんな感じなんだと思っていたようです。
私と同じ反応に笑ってしまいました。^m^
熊本では...
“ラーメン屋で冷麺を頼んで、冷し中華が出てきても誰も怒らんたい!”
つまり当たり前だと申しておりました。
私だけじゃないと知って、ホッ!としたのでした。
e0152132_18213341.gif
別物だと知って、はじめて意識しながらいただいてみました~♪
e0152132_233164.jpg

まずは、麺をご覧下さい。
麺の材料は、小麦粉、デュラム粉、そば粉、加工デンプン、清酒。
上記の説明通り。盛岡冷麺とは違い、そば粉入りです。
この麺、コリコリした食感で半透明の本格冷麺です。
旦那さんは、まるで生芋しらたきのようだと申しておりましたが...
どうなのかなー??私はもう少しもっちりした感じだと思ったんですが。
コリコリした麺とトッピングの具材とのハーモニーが、
けっこう癖になる感じです。
一度たべたら病み付きかも??^^


今回のトッピングは...
叉焼、キュウリ、ゆで卵、プチトマト、
青梗菜、とびこ、ブロッコリースプラウトです。

e0152132_19132597.jpg

≪材料と分量…2人分≫
きねうち冷麺…2人分
キュウリ…1/2本…千切り
ゆで卵…2個…茹でて好みの形に切る
叉焼…8枚
プチトマト…8個
e0152132_2334210.jpg
青梗菜…8等分して30秒くらい塩茹でして、
e0152132_2341652.jpg
冷水をかけてざるに上げておく。
とびこ&ブロッコリースプラウト…適量

≪作り方≫
①トッピング用の材料を準備しておく。
②冷麺を茹でて、水でよく洗い水気を切る。
③②を皿に盛り、①を盛り付け、スープをかける。


e0152132_2351493.jpg

完成~♪いかがですか??
前回とは、やっぱり違います。

e0152132_2355957.jpg

フルーティーで、甘すぎないさっぱりしたスープと
コリコリした麺がベストマッチ。
細麺は具材との相性もいい。
辛味の素を入れると、キムチ風味に。
辛いものとキムチが苦手な私は、入れずにいただきましたが...
辛さはさほど感じないようです。*娘談*
e0152132_2363924.jpg

横から...。(^_-)-☆

次回は一緒に入手した
きねうち麺 大豆でうどんの情報です。
つづく...



ランキングに参加しております。
ぽちっ!と、応援よろしくお願いいたします。
e0152132_153852.gif
e0152132_7212729.gif
にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-04-23 23:43 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(0)

タコライス&玉ねぎとかぼちゃのスープ。

e0152132_0152189.jpg


More
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-04-10 00:52 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(1)

まぐろの漬け丼&セロリとじゃこの炒め物。

e0152132_21573923.jpg


More
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-04-07 22:29 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(2)

ミツカン だしむすび あさりだし&かつおだし。

e0152132_23425973.jpg


ミツカン だしむすび あさりだし&かつおだし。...つづきはこちら。
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-03-26 23:39 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(0)

茄子とズッキーニのバルサミコ酢煮。

e0152132_23563161.jpg


More
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-03-19 23:51 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(0)

みやざきカラーピーマンのフライパンソテー・バルサミコ酢で。

e0152132_13462736.jpg


More
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-03-11 14:13 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(0)

米茄子の揚げ煮風。

e0152132_23505620.jpg


More
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-03-10 23:51 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(0)

我が家の簡単大学芋。 oishii

e0152132_15402948.jpg


More
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-03-09 15:56 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(2)

ABCのケーク・オ・カラメル・エ・オ・フィグ。

e0152132_7283573.jpg


つづきはこちら。
[PR]
by oyasaidaisuki | 2012-03-07 23:10 | おうちご飯。 | Trackback | Comments(0)


記事ランキング
画像一覧
最新の記事
カテゴリ
以前の記事